マイスター公認高級時計師(CMW)がいる高度な技術のお店
イソザキ時計宝石店 ■トップページ ■当店の紹介 ■お支払方法 ■お問い合わせ ■サイトマップ
当店の紹介
・初めての方へ
・当店の歩き方
・店主紹介(地図あります)
・特定商取引に関する表記義務事項
・プライバシーポリシー
・CMWとは
・時計の小話
・HP担当者
・BLOG

お客様の声
・修理のご感想
・商品のご感想
・メルマガのご感想
時計修理
・時計修理実績
・時計修理料金表
・時計修理依頼
・時計修理設備
・時計修理工具
・時計パーツ

・今週のサービス品
腕時計
・アエロウォッチ
・アクアノウティック
・アルピナ
・IWC
・ウェンガー
・エテルナ
・エポス
・オメガ
・オリス
・カルティエ
・ジャッケエトアール
・スイスミリタリー
・セクター
・ゼニス
・ゼノウォッチ
・ダボサ
・ティソ
・ノモス
・パネライ
・ハミルトン
・ハンハルト
・フォルティス
・ブルーノゾンレー
・フレデリックコンスタント
・ペルレ
・ボーグリ
・ミューレグラスヒュッテ
・モバード
・ユニバーサル
・ユンハンス
・ラコ
・ラドー
・ラポート&カトレックス
・ルイエラール
・レビュートーメン
・ローマー
・ロレックス
・チュードル
・ロンジン
・グランドセイコー
・セイコードルチェ
・セイコーブライツ
・プロスペックス
・セイコーメカニカル
・セイコースピリット
・ワイアード
・ザシチズン
・シチズン時計
・オリエント時計

・お買い得コーナー
・アンティーク時計
クォーツ
・バウンサー
・JETSET
・カルバンクライン
・キャサリンハムネット・レディス
・キャサリンハムネット・メンズ
・シチズンXC
・セイコーティセ
・セイコールキア
・ロベルタディカメリーノ
・アンタイトル

時計グッズ
・ワインディングマシーン
・コレクションボックス
・時計革バンド別作
・文字板交換

腕時計関連
・機械式時計ご使用方法と注意点

・Q&A
・脱進機構造
・イソザキ博物館
・昭和時計広告
・時計技術通信講座
・時計技術叢書
・遠藤勉氏蒐集品
・有名人着用時計

掛時計
・ミュージアムクロック
・からくり掛時計
・電波掛時計
・業務用掛時計
・鳩時計
・ウォールクロック
・ホールクロック
・置時計
・キャラクター時計

ジュエリー
・喜平等
・メガネ

リンク
・時計関連
・白山市情報
・石川県観光案内
RSSリーダーにご登録
イソザキ時計宝石店RSS
モバイル版QRコード
イソザキ時計宝石店モバイルQRコード

マイスター公認高級時計師(CMW)とは・・・
CMWは(Certified Master Watchmakerの略です)

1954年から実施された時計職人最高峰の技術試験。一次、二次にわたる延べ5日間の試験を合格した者だけに、その名誉ある称号を名乗る事が出来る。

発祥の地はアメリカで、その主催である米国時計学会【HIA】の日本支部を設立してCMW試験を日本に導入する事により、時計職人全体の技術の底上げと共に、日本時計産業の復興を目的とした。

学科試験、時計旋盤による天真,巻真別作、懐中時計、腕時計の修理、「クロノメーター級の精度を要求する調製技術」の実技試験で構成された。
その試験内容は、超難解にして、多岐にわたる。今までに合格者800人を輩出し、【時計職人なら誰もが羨望の眼差しを向ける夢の資格】と言われている。

マイスター公認高級時計師は、下記の本に詳しく掲載されております。
 (株)ワールドフォトプレス発行
 『世界の腕時計 No.18号〜29号連載
  (マイスターと呼ばれる男たち・時計職人列伝)』

弊店店主のCMW以外の時計技術関連証書はこちらへ→

■CMW合格認定書(英文)■
■CMW合格認定書(英文)■
■CMW合格認定書(和文)■
■CMW合格認定書(和文)■

CMW検査証
■CMW検査証■

CMW身分証明手帳(表紙) CMW身分証明手帳(中身)
■CMW身分証明手帳■

CMW合格認証式にて(上段左端が小生です。)
■CMW合格認証式にて(上段左端が小生です。)■

合格認証式で、恩師の加藤日出男先生と記念写真
■合格認証式で、恩師の加藤日出男先生と記念写真■

■CMW合格認証式にて■
■CMW合格認証式にて■

右におられる方が、CMW試験委員長の阪大名誉教授・篠田軍治先生
奥のテーブルの右におられる方が、日本最高峰の時計技術師・井上信夫先生
左におられる方が、前・日本時計師会会長の小林敏夫先生です。
(左が若き日の小生です。)



下の19型セイコー懐中提時計とシチズン腕時計は、当店店主が1971年のCMW2次試験に合格した記念すべき時計です。
翌年の認証式で、晴れて

CMW(マイスター公認高級時計師)

の称号を獲得致しました。
CMW1次試験の2日間は学科と時計旋盤による、天真・巻真の別作です(天真製作の許容誤差は1000分の5mm以下の正確さを求められる、難度の高いものです)。

2次試験の3日間は、故意にめちゃくちゃに壊してある19セイコー懐中時計とシチズン腕時計を天文台クロノメーター級の精度誤差を求める難解多岐にわたる分解掃除(天真ホゾ折れ・・旋盤により別作、ヒゲゼンマイ外端・内端・縦ぶれ・横ぶれ修正、ヒゲ棒別作、ドテピン折れ、アンクル爪調整、アンクルけん先調整等々)と精度微調整(平均日差・最大日較差・最大姿勢差・復元差・修理作業)の技術試験です。

5日間の試験を突破した者だけにしか、名誉あるCMWの称号は得られません。
石川県で、このCMWと眼鏡士の資格両方を有する者は当店店主だけです
当店店主は700点満点で610.19点、全国で2位の高得点で合格しております(特に最大姿勢差の減点は19セイコーが9.2点、腕時計が5.8点という高得点でした。この事は、天真別作、天輪の縦ぶれ・横ぶれ、天府の片重り、ヒゲゼンマイの内端・外端修正、脱進機調整がほぼ完璧に行うことが出来た証明です)。

 <1次試験>
 学科(100点満点):87.20点、
 巻真部品製作(100点満点):88.00点、
 天真部品製作(100点満点):92.33点、
 
 <2次試験>
 腕時計シチズンオートマ(100点満点):87.24点、
 堤時計19セイコー(300点満点):255.42点

 ※合格基準は、各70.0点以上です。

シチズン腕時計 19型セイコー懐中提時計 手帳 バッジ
シチズン腕時計
19型セイコー懐中提時計
手帳
バッジ
※私やCMW、また上記の品の思い出に関する事をさらに知りたい方は
こちらへ→(映像ダウンロードコーナへ

■下記図面は昭和40年代のC.M.W一次試験の天真・巻真の別作課題の図面と寸法です。

1.天真の試験課題
天真
天真採点表
2.巻真の試験課題
巻真
巻真採点表
CMW試験の19セイコーの
ブレゲ巻上げヒゲゼンマイのテンプ
CMW試験時の、私のテンプ一式です。
旋盤にて天真を別作し、かなり壊されていたヒゲゼンマイを、内端理想曲線、外端理想曲線に修正し終えた状態のテンプです。
〒924-0862 石川県白山市(旧松任市)安田町17-1 イソザキ時計宝石店
電話(FAX):076−276−7479  メール:isozaki@40net.jp